ピアノで学ぶ やさしいコード理論

ピアノで学ぶ やさしいコード理論

著 者:自由現代社編集部
判 型:B5
ページ:96
価 格:1404円(本体1300円+税)
ISBN:978-4-7982-2317-9
発行日:2019年4月

Amazonで購入する 楽天で購入する

内容

五線の上に書かれたコードを難しい専門用語は後回しにし、曲や譜例を弾きながら楽しく学んで行く本。読んで覚えるだけではないので、頭でっかちにならずに効果的にコード理論を使用して実践で使うことができるようになる。

目次

■第1章 カンタンなコードを弾こう
 ▶コードとは?
  記号化された音
 ▶メジャー/マイナー・コードのルール
  黒鍵の音も含めて考えよう
  メジャー/マイナー・コードのルール
 ▶コードの音を判別する方法
  変化記号(#♭)が付かないコードを判別
  #♭が付いたコードを判別しよう!
 ▶コードの音を入れ替えてみよう!
  コードの音を入れ替えてみよう
  実際にコードの音を入れ替えてみよう
 ▶分数になっているコード
  分数コード(オン・コード)の弾き方

 

■第2章 より複雑なコードを攻略!
 ▶4つの音からできるセブンス・コード
  7thの音が入ったコード
  まずは「ドレミファソラシ」でコードを確認
  「M7、7」の違い
  オシャレな「メジャー・セブンス・コード」
  クールな響きの「マイナー・セブンス・コード」
  不安定な響きの「セブンス・コード」
 ▶様々なセブンス・コードの実際の使い方
  4和音でも音を入れ替えよう
  音を省く
  ロー・インターバル・リミット
 ▶コードに一味付けるスパイス的なコード
  M3rdを4thにして「sus4(サスフォー)コード」
  5thを上げ下げしてできるコード
  6thを加えて6thコード
  コードフローチャート
 ▶難しいイメージのテンション・コードを攻略
  「9、11、13」番目の音を加える
  コードにテンションを足してみよう
  各コードごとに使えるテンション
  3和音+テンション=addコード
 ▶様々なコード奏法
  4つ打ち
  コードを分散させるアルペジオ
  8ビート
  16ビート

 

■第3章 コードを様々な形にアレンジ
 ▶キーを理解しよう
  ダイアトニック・コードとキーの関係
  実際の曲でキーを見つけるには?
  同じ調号の中に2つのキー
  マイナー・キーのダイアトニック・コード
 ▶ダイアトニック・コードを使ってアレンジしよう
  「I、IV、V」番目は大事なコード
  コードの性格
  代理可能なコード
  ダイアトニック・コードを使用したコード進行例
 ▶3和音から4和音、テンションでアレンジ!
  3和音を4和音のセブンス・コードに
  テンションを足す方法
 ▶V7は重要なコード
  「V7ー I 」は特別なコード進行
  V7は「IIm7-V7(ツーファイブ)」に分けることができる
  V7の裏?
  V7をディミニッシュで代理する
  オーギュメントで代理する
  よく使われるV7の代理コード
 ▶セカンダリー・ドミナント
  仮のIと見立てる
  使い方と覚え方
  セカンダリー・ドミナントを使用した循環進行
 ▶切ない響きのIVm、IVm7
  カンタンに使えるIVm、IVm7
  サブドミナント・マイナーの代理コード
  マイナー・キーのダイアトニック・コード
 ▶マイナー・キーでのコードアレンジ
  マイナー・キーでのスリー・コード
  マイナー・キーでのドミナント・モーション
  マイナー・キーでのセカンダリー・ドミナント
  マイナー・キーでのIIーV
  マイナー・キー3種類のスケール
 ▶多彩なコード・アレンジ方法
  右手・左手、別々のコードを弾くアッパー・ストラクチャー・トライアド
  上って下って!クリシェ
  音を停滞させるペダル・ポイント
  2つのコードをスムーズにつなげるnコード
 ▶さらにコード理論を極めるためには?

 

■応用曲
 ♪大きな古時計
 ♪空も飛べるはず/スピッツ
 ♪友~旅立ちの時~/ゆず
 ♪ Hero /安室奈美恵

 

■コード表
 メジャー・キーのダイアトニック・コード表
 マイナー・キーのダイアトニック・コード+一部の代理コード表

ページのトップへ戻る