DTMに役立つ音楽ハンドブック

DTMに役立つ音楽ハンドブック

著 者:岡 素世
判 型:A5
ページ:96
価 格:1404円(本体1300円+税)
ISBN:978-4-7982-2332-2
発行日:2019年7月

Amazonで購入する 楽天で購入する

内容

DTMが誰でも気軽に扱えるようになった今、作曲や打ち込みを行う上で何かと行き詰まるのが、音楽用語や楽譜、コードといった音楽の基礎知識。本書はそういった楽典や音楽理論をDTM上での考え方で系統立て、辞書的に解説。DTM用語集やコード表、楽器奏法別の打ち込みテクニック解説も付き、充実の内容。

目次

■Section 1 音の高さ
 ● 記譜法の基礎知識
  1.五線と加線
  2.音部記号
  3.音名
 ● 変化記号
  1.シャープとフラット
  2.調号の効力
  3.臨時記号の効力
  4.変化記号一覧

 

■Section 2 音の長さ
 ● 音符と休符
  1.音符・休符の種類
  2.ディレーションについて
  3.付点音符と付点休符
  4.連符
 ● タイ
 ◇オーディオ編集について

 

■Section 3 音の位置
 ● 譜面とDTMソフト画面の関係
 ● 音の位置を表わす単位
  1.小節
  2.拍
  3.拍子
  4.拍より小さな単位
 ● 拍子の種類
  1.単純拍子
  2.複合拍子
  3.混合拍子
 ◇MIDIについて

 

■Section 4 スケール
 ● スケール
  1.半音と全音
  2.メジャー・スケール
  3.マイナー・スケール
  4.チャーチ・モード
  5.ペンタトニック・スケール
  6.ブルー・ノート・スケール
 ● キー
  1.キー
  2.調号

 

■Section 5 コード
 ● 音程
  1.音程と度数
  2.音程の種類と分け方
  3.音程の種類1(完全音程・長短音程)
  4.音程の種類2(増音程・減音程)
  5.音程判定方法の工夫
  6.変化音を含む音程
  7.単音程と複音程
 ● コード
  1.コードネーム
  2.メジャー・コードとマイナー・コード
  3.スケールとコード
  4.3和音の種類
  5.セブンス・コード
  6.コードの種類
  7.テンションノート
  8.コードの機能\\\

 

■Section 6 音の強さ・速さ
 ● 音量のコントロール
  1.ベロシティ
  2.ボリューム
  3.エクスプレッション
 ● 強弱記号とベロシティ
  1.音の強弱を表示する
  2.少しずつ変化させる
  3.特定の音のみ強くする
  4.急激に変化させる場合
  ◇コントロールチェンジとは
 ● 速度記号
  1.数字による表示
  2.用語による表示
  3.テンポ変更の用語

 

■Section 7 その他の演奏表現
 ● ドラムについて
  1.ドラムセットの名称と記譜法
  2.DTM上でのドラムの扱い
 ● 演奏法を表わす音楽記号
  1.奏法記号
  2.装飾記号
 ● ピッチベンド機能の活用
  1.ピッチベンドとは
  2.ピッチベンドの設定
  3.ピッチベンドの入力・編集
  4.ピッチベンドによる演奏表現
  5.ギターなどの特殊奏法
 ● 音楽の定位について
  ◇曲中で定位の変更!?

 

楽器の音域表
DTM用語集
コード一覧表

ページのトップへ戻る