ジャズ・ピアノを弾くための究極のコード・ブック

ジャズ・ピアノを弾くための究極のコード・ブック

著 者:遠藤尚美
判 型:A4
ページ:128
価 格:1650円(本体1500円+税)
ISBN:978-4-7982-2374-2
発行日:2020年2月中旬

Amazonで購入する 楽天で購入する

内容

ジャズ・ピアノを弾く上で欠かすことができない複雑なテンションを含めたヴォイシング、レフトハンド・ヴォイシングとトゥ・ハンド・ヴォイシングを網羅した本。ピアノが持つ音域や響きを活かしたジャズ・コードを実践で使用することができ、また、コードの使用方法や覚え方も掲載してあるので実践しながら覚えられる。

目次

■STEP1 Left Hand Voicing
 Left Hand Voicing(レフトハンド・ヴォイシング)とは?
 Left Hand Voicingのポイント
 2Notes Dominant 7th(ルート+♭7th)
 2Notes Dominant 7th(3rd+♭7th、Tritone)
 2Notes Diminished 7th(ルート+♭♭7th[6th])
 2Notes Major Chord(root+7th)
 テンションとは?
 ナチュラル・テンションとオルタード・テンション
 各コードタイプで使えるテンション
 3Notes Major Chord(3rd+6th+9th)
 3Notes Minor Chord(♭3rd+5th+9th)
 3Notes Minor 7th Chord(♭3rd+♭7th+9th)
 3Notes Diminished 7th(♭3rd+♭♭7th[6th]+9th)
 3Notes Diminished(root+♭5th+7th)
 3Notes Dominant 7th①(3rd+♭7th+13th)
 3Notes Dominant 7th②(3rd+♭7th+9th)
 4Notes Major Chord①(3rd+5th+6th+9th)
 4Notes Major Chord②(3rd+5th+7th+9th)
 4Notes Minor Chord(♭3rd+5th+6th+9th)
 4Notes Minor7th (♭3rd+5th+♭7th+9th)
 4Notes Minor7th♭5th(♭3rd+♭5th+♭7th+9th)
 4Notes Diminished 7th(♭3rd+♭5th+♭♭7th[6th]+9th)
 4Notes Dominant 7th(3rd+♭7th+9th+13th)
 Left Hand Voicingを練習しよう!
 ♪Some Da♭ M♭ Prince Will Come

 

■STEP2 Two Hand Voicing
 Two Hand Voicing(トゥ・ハンド・ヴォイシング)とは?
 4th Interval Build(フォース・インターヴァル・ビルド)
 Avoid Note(アヴォイド・ノート)
 Pol♭chord(ポリコード)
 Cluster(クラスター)
 Low Interval Limit(ロー・インターヴァル・リミット)
 Two Hand Voicingの使い方1 
 リズミカルにメロディの間を埋める
 Two Hand Voicingの使い方2 コンピングで使う
 Two Hand Voicingの使い方3
 右手のメロディにコードを付ける
 コードの覚え方1 コード進行で覚える
 コードの覚え方2 有名曲のコード進行を利用して覚える
 コードの覚え方3 コード・トーンからテンションへ
 Two Hand Voicingの使用例
 Two Hand Voicing表(P.44~)のポイント

 

※C~Bまでの12音をルートとした以下のコードタイプを掲載
 Dominant 7th Chord
 Tonic Major Chord(C Ionian,C Lydian)
 Tonic Minor Chord(C Melodic Minor Scale)
 Minor 7th Chord(C Dorian)
 Minor 7th Flatted 5th Chord

 

Drop Voicing(ドロップ・ヴォイシング)
 Basic Chord Voicing(べーシック・コード・ヴォイシング)
 Spread Voicing(スプレッド・ヴォイシング)
 Passing Diminished Chord(パッシング・ディミニッシュ・コード)
 Block chord(ブロック・コード)
 Upper Structure Triad(アッパー・ストラクチャー・トライアド)
 ♪Waltz for Debby
 ♪As Time Goes By

 
ページのトップへ戻る